紫外線アレルギーのための紫外線対策


一度、紫外線アレルギーを発症してしまうと、治りにくいと言われております。
紫外線アレルギーになってしまったら、その対応として紫外線を浴びない事が一番となります。

「日頃の紫外線対策」

・夏でもUVカット機能のついた長袖、ポリエステルやウールは90%紫外線をカットできるのでそのような素材の服を着る。
・黒い日傘や黒い帽子を身に付ける。
・眼を守るために紫外線遮断できるサングラスを着ける。
・日差しの強い日は外出を控える。
・窓から入ってくる紫外線を防ぐために、UVカットフィルムを貼ったり、UVカット機能がついたカーテンを使用するなどの対応が必要です。
・窓から入ってくる紫外線を対応するため、時間帯で部屋のいる場所を変える。
などの対処が必要となります。

「紫外線は雨の日や雲りの日も注意が必要」

太陽が見えない日なども注意が必要です。雨の日や雲りの日は紫外線が少なく思えますが、曇りの日でも、地上には85%程度の紫外線が降っているのです。天気が良い日も、太陽が出ていない日も、紫外線対策が必要なのです。

「2種類の日焼け止めクリーム」

紫外線アレルギーの対策として知られているのが、日焼け止めクリームです。日焼け止めクリームに配合してある成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、紫外線を皮膚まで届かないようにする働きがあります。そのため、紫外線を防ぐ効果は高いのですが、皮膚に負担をかけてしまい、アレルギーの原因となることもあります。

紫外線散乱剤は、紫外線を散乱や反射させることで、肌に届きにくくする働きをするのです。皮膚の負担が少ないので、紫外線アレルギーを発症している人に使用することができるのです。

「紫外線による眼に対する影響」

紫外線の眼に対する影響は、アレルギーの有無に関わらず、どのような人にでもダメージを与えてしまうのです。適切な紫外線対策をおこなっておかないと眼にダメージが蓄積されてしまうのです。

眼の炎症
・結膜炎
長時間紫外線を浴びていると、眼の結膜がダメージを受けて炎症を起こしてしまうと考えられているのです。
涙が出たり、白目が充血したり、異物感などの症状が出るのです。

・紫外線角膜炎
眼の黒い部分が紫外線により傷ついて炎症を起こすと考えられているのです。強い紫外線を浴びたときに突然出るのが特徴です。この症状は急性の症状なので、数日以内に自然治癒します。スキーや海水浴などで普段より紫外線を長時間浴びるので注意が必要です。

眼の病気
・白内障
紫外線を長時間浴びていると、じわじわと眼の奥の水晶体のタンパク質を変化させることによって起こる病気なのです。
眼がかすむ、視力低下、眼が白く濁る、光がまぶしいなどと色々な症状が出るのです。

・黄斑変性症
紫外線を長期にわたり浴びていると、眼の黄斑部という所に障害が起こるため、黄斑変性症を発症するのです。
視力低下、真ん中が抜けて見える、物を見るときに中央部が歪んで見えてしまうなどの視覚障害が症状として出てくるのです。

「眼に対する紫外線対策」

紫外線の量は増えているようです。春先から夏場にかけては紫外線が強くなるので、てんき予報などで紫外線を注意したいものです。そのため眼に対する紫外線対策を行っていきましょう。

・UVカット機能付きサングラス。
紫外線を100%カットできるサングラスを使用することが有効なのです。
・UVカットコンタクトレンズ・。
UVカット機能付きコンタクトレンズも有効な手段です。紫外線を98%カットできるコンタクトレンズもありますので、白内障などの予防効果もあるのです。
・日傘やつばのある帽子
日傘や帽子など併用することで、紫外線を90%カットできると言われれおります。

「まとめ」

紫外線は増加しておりますので、てんきが悪日でも油断はきんもつなのです。日中の紫外線の強い時間帯などは出来るだけ外出を避けた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です